奇声を発する子供

人間の脳には理性を司る部分があり、その部分が発達することで
モラルのある大人、理性のある人間になるのだそうです。
まったく協調性や理性やモラルが欠けた人がたまにいますが
その脳の一部分が発達しきっていないとう原因も可能性としてありますね。

 

逆に発達ではなく退化ということでいうと、
病院に行くと高齢の入院患者で大声で叫んでいる人がいます。
またアルツハイマーなどでボケたような人の中にも大声を出したり奇声を発したりするような人がいます。
これは脳の一部が萎縮するなどして機能を失うことで次第にそうなるらしいのですが
脳の一部には奇声を発してはいけないと判断する部分、もしくは判断した後にそれを実行に移すための部分があるのだと思います。
小さい子供が奇声を発しているのはこの部分が発達していないからです。

 

最近見かけるのですが、奇声を発する中学生がとても多いように思います。
近所に中学校があって、登下校時にたくさんの中学生が通るのですが、大声で叫んでいる子供が多いのです。
かなりの幼児性を感じます。
食べ物や生活環境で脳の発達が未熟なのではないだろうかと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ