口コミ、体験談寄せ集め

飲料水の安全性と信頼性

先日、某コンビニで販売されているペットボトルの飲料水から

 

硝酸性窒素が検出されたという記事が載っていました。

 

水道法で水質基準が設けられている物質で、一定の容量を超えると発がん性があるという話もあるものです。

 

売られている、つまりお金を出して買う水だから安全だ、というのは

 

もう通用しないのでしょうね。

 

水道水が危険視されているとも言われている昨今では何を信じていいのかわかりませんが

 

浄水器やウォーターサーバーにお金を使った方がいいのかもしれません。

 

水は体内に入る基本的な物質であり、人間の体は70%が水分で出来ているということ。

 

だからとても大切なことだと思うのですが、みんな割りと意識していないというか

 

便利さの方を選んでしまっていますよね。

 

本気で体のことを考えるのは難しい時代なのかもしれませんが

 

例えば自分の家族や子供のことを考えてみると分かり易いかもしれません。

 

怪しいものや危険なものは体に入れたくないですよね。

 

アクアクララの注文


ホーム RSS購読 サイトマップ