口コミ、体験談寄せ集め

仕事は相性

転職が当たり前の時代になってきたとは言え、まだまだ転職を後ろ向きに捉える傾向は残ってます。

 

特に1年や2年での勤務での転職は、転職活動での印象はよくないでしょう。

 

 

 

短期間での転職を推奨するつもりはありませんが、頭ごなしに短期間での転職を否定するのはどうなのかなとは思います。

 

 

転職活動では企業研究ももちろんするでしょうが、働いてみないとわからない部分も少なからずあります。

 

それは人間関係を含めた職場環境だったり、仕事への適性だったりするでしょう。

 

労働条件が入社後に変わる、あるいは聞いてないような働き方をさせられる、というのもあるかもしれません。

 

 

しばらく働いてみて合わない、ダメだと思えば退職するのが会社側、働く側双方にとって有益だと思いますが、
なかなか世間ではそれが評価されることは多くありません。

 

3社も4社も続けて短期間で退社していれば何か問題があるのかもしれませんが、
ある程度は短期間の転職も多めに見たほうが雇う側もメリットがある気がします。
会社や業務との相性を見るために丁寧に面接をしていると思いますが、面接だけで業務への適性が完全にわかるか疑問です。

 

入社にあたり、試用期間が用意されているのが一般的ですが、試用期間で雇用契約が解除されるのはまれでしょう。
試用期間を働く側と雇用主双方にとってのトライアルと位置づけ、合わないことも珍しいことではない、と思うべきだと思います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ